本文へスキップ

デリバティブとは

デリバティブとは



デリバティブとは

デリバティブとは、「金融派生商品」と呼ばれるもので、英語の”derive”(〜に由来する)の名詞形で「由来するもの」、「派生したもの」という意味のある言葉です。ゆえに、デリバティブには由来した(派生した)元のものがある、ということになります。デリバティブの元になる代表的なものとしては、金利債券、通貨、株価指数などがあります。要するにデリバティブとは、金利や債券、通貨、株価指数などの金融商品を原資産としてそこから派生された商品、ということになります。



デリバティブの特徴

デリバティブの特徴は、その元となるものの価格が動くと、そのデリバティブの価格も動くということです。原資産から派生した金融商品ですので原資産と関連を持っているのです。ただし、デリバティブは原資産とは違った性質を持っていて、複雑な形で価格が連動しています。原資産は数%しか動いていないのに、デリバティブはそれより大きな%で動くこともあるのです。デリバティブという言葉は、先物やオプション、スワップなどの総称としても用いられ、原資産との複雑な価格の連動は、それらの取引によるものとなります。少し難しい面もありますが、当サイトでは、今後先物オプションスワップについて解説していきますので徐々に学んでみてください。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 現在価値・将来価値とはへ戻る | トップ | デリバティブ取引をする目的へ進む →


※その他「デリバティブ」に関する記事は以下


デリバティブ


事前知識

金利とは

債券とは

現在価値・将来価値とは

デリバティブの基礎知識

デリバティブとは

デリバティブ取引をする目的

デリバティブ取引の利用方法

ヘッジとは

裁定取引(アービトラージ)とは

スペキュレーション(投機)とは

デリバティブの種類(先物・オプション・スワップ)

レバレッジ効果とは




先物取引の基礎

先物取引とは

現物とは

先物の市場についてーCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とはー

証拠金・差金決済とは

先物価格と現物価格の連動

通貨先物取引とは

株価指数先物取引とは

先物と先渡しの違い

日経平均・配当指数先物とは

東証マザーズ指数先物とは

オプション取引の基礎(1)

オプションとは

オプション取引の権利と義務

コール・オプションとは

プット・オプションとは

オプション取引の買いと売りとは(オプション取引の4パターン)

プレミアム(オプション料)とは

ストライク・プライス(権利行使価格)とは

行使期間(アメリカンタイプとヨーロピアンタイプ)

ボラティリティとは

イン・ザ・マネー(ITM)、アット・ザ・マネー(ATM)、アウト・オブ・ザ・マネー(OTM)とは

オプションの建玉の見方

オプション取引の基礎(2)

オプション取引のレバレッジ

キャップとは(オプション)

フロアとは(オプション)

カラーとは(オプション)

デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ローとは(オプションの指標)

通貨オプションとは

株価指数オプションとは

合成ポジション(ストラドル・ストラングル)とは

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)とは

プット・コール・レシオとは




スワップ取引の基礎

スワップとは

金利スワップとは

LIBORとは

通貨スワップとは



ナビゲーション