本文へスキップ

デリバティブ取引をする目的

デリバティブ取引をする目的



デリバティブ取引には、とても便利な使い方がありますので、以下に例を出して紹介してみます。



借入金利を確定する

ある企業が半年後に銀行から資金を借り入れようとしているとします。しかし、この半年の間に金利が上昇してしまいそう・・・できれば現時点の金利で借り入れをしたい!この場合、デリバティブ取引の一つである「先物取引」を使えば半年後の金利を確定することができます。

※先物取引については、「先物取引の基礎」で順に解説します。



為替相場を予約する

ある輸入企業がある商品を海外から輸入して、半年後にその代金を決済するのですが、半年後には為替の相場が円安になってそう・・・でも、円高になっていれば為替差益が出るんだけど・・・といった場合は、為替先物予約をする方法があります。デリバティブ取引の一つである「オプション取引」を使えば、円安になた場合のみその為替の予約を実行し、円高になった場合はその為替の予約をキャンセルしてその時の為替相場で決済することができます。

※オプション取引については、「オプション取引の基礎」で順に解説します。



変動金利に上限の金利を付ける

これは、「キャップ」という取引なのですが、企業が資金を借り入れる際、変動金利で借り入れていれば、金利が上昇した際に企業はより多くの金利を払わなければならなくなります。そこで、金利が上昇した際に備えて、借入金利に上限を設定できるのです。これを「キャップ」と言います。

※キャップについての詳しい解説は、「キャップとは(オプション)」のページを参照してください。


※これらの取引は全て手数料がかかるものです。ですが、これらのデリバティブ取引を使ってさまざまなリスクを回避できるメリットがあるので、従来の金融商品にはない利用価値がデリバティブにはあります。











株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← デリバティブとはへ戻る | トップ | ヘッジとはへ進む →


※その他「デリバティブ」に関する記事は以下


デリバティブ


事前知識

金利とは

債券とは

現在価値・将来価値とは

デリバティブの基礎知識

デリバティブとは

デリバティブ取引をする目的

デリバティブ取引の利用方法

ヘッジとは

裁定取引(アービトラージ)とは

スペキュレーション(投機)とは

デリバティブの種類(先物・オプション・スワップ)

レバレッジ効果とは




先物取引の基礎

先物取引とは

現物とは

先物の市場についてーCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とはー

証拠金・差金決済とは

先物価格と現物価格の連動

通貨先物取引とは

株価指数先物取引とは

先物と先渡しの違い

日経平均・配当指数先物とは

東証マザーズ指数先物とは

オプション取引の基礎(1)

オプションとは

オプション取引の権利と義務

コール・オプションとは

プット・オプションとは

オプション取引の買いと売りとは(オプション取引の4パターン)

プレミアム(オプション料)とは

ストライク・プライス(権利行使価格)とは

行使期間(アメリカンタイプとヨーロピアンタイプ)

ボラティリティとは

イン・ザ・マネー(ITM)、アット・ザ・マネー(ATM)、アウト・オブ・ザ・マネー(OTM)とは

オプションの建玉の見方

オプション取引の基礎(2)

オプション取引のレバレッジ

キャップとは(オプション)

フロアとは(オプション)

カラーとは(オプション)

デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ローとは(オプションの指標)

通貨オプションとは

株価指数オプションとは

合成ポジション(ストラドル・ストラングル)とは

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)とは

プット・コール・レシオとは




スワップ取引の基礎

スワップとは

金利スワップとは

LIBORとは

通貨スワップとは



ナビゲーション