本文へスキップ

通貨先物取引とは

通貨先物取引とは



通貨先物取引とは

通貨先物取引とは、将来の一時点(決済日)に取引する為替レートを今決める取引のことです。通貨先物取引では米ドルの対円相場を先物価格としています。



外国為替市場では日々為替が取引されています。わざわざ通貨先物を取引しなくてもいいといえばいいのですが、通貨先物取引は、先物取引所を経由して取引されています。よって、通貨先物取引は、その取引所のルールが適用されて、その取引条件内で取引されることとなります。要するに、決済日や取引する単位が決まっているのです。そのルールからはずれた取引はできないということになります。


と、あまりいいことがなさそうな通貨先物取引ですが、利用法によっては大変便利なものです。
例えば、数カ月後に旅行に行く予定があって、今円高なので今の為替レートでドルを買っておきたいけれども、ボーナスが出るまでお金がない・・・といった場合、将来の取引する為替レートを今決めてしまえる通貨先物取引は利用価値があるのです。これが一般的に使われる通貨先物取引の典型例です。また、通貨先物取引は小口取引が可能である面や決済日前に清算可能な面がメリットとなります。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 先物価格と現物価格の連動へ戻る | トップ | 株価指数先物取引とはへ進む →


※その他「デリバティブ」に関する記事は以下


デリバティブ


事前知識

金利とは

債券とは

現在価値・将来価値とは

デリバティブの基礎知識

デリバティブとは

デリバティブ取引をする目的

デリバティブ取引の利用方法

ヘッジとは

裁定取引(アービトラージ)とは

スペキュレーション(投機)とは

デリバティブの種類(先物・オプション・スワップ)

レバレッジ効果とは




先物取引の基礎

先物取引とは

現物とは

先物の市場についてーCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とはー

証拠金・差金決済とは

先物価格と現物価格の連動

通貨先物取引とは

株価指数先物取引とは

先物と先渡しの違い

日経平均・配当指数先物とは

東証マザーズ指数先物とは

オプション取引の基礎(1)

オプションとは

オプション取引の権利と義務

コール・オプションとは

プット・オプションとは

オプション取引の買いと売りとは(オプション取引の4パターン)

プレミアム(オプション料)とは

ストライク・プライス(権利行使価格)とは

行使期間(アメリカンタイプとヨーロピアンタイプ)

ボラティリティとは

イン・ザ・マネー(ITM)、アット・ザ・マネー(ATM)、アウト・オブ・ザ・マネー(OTM)とは

オプションの建玉の見方

オプション取引の基礎(2)

オプション取引のレバレッジ

キャップとは(オプション)

フロアとは(オプション)

カラーとは(オプション)

デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ローとは(オプションの指標)

通貨オプションとは

株価指数オプションとは

合成ポジション(ストラドル・ストラングル)とは

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)とは

プット・コール・レシオとは




スワップ取引の基礎

スワップとは

金利スワップとは

LIBORとは

通貨スワップとは



ナビゲーション