本文へスキップ

行使期間(アメリカンタイプとヨーロピアンタイプ)

行使期間(アメリカンタイプとヨーロピアンタイプ)



オプション取引では、買ったオプションの権利が行使できる日、もしくはその権利が行使できる最終日(満期日)がオプションの価値に影響してきます。なぜなら、買ったオプションが市場価格に対して有利に働いていれば権利を行使して利益を得ることができるからです。オプションの権利が行使できる期間には、代表的なものとしてアメリカンタイプとヨーロピアンタイプの2つのタイプがあります。



アメリカンタイプ

アメリカンタイプは、権利が行使できる最終日(満期日)までの間、いつでも権利が行使できるタイプです。満期日に権利を行使しようとしている人には重要ではありませんが、いつでも権利が行使できるので使い勝手がいいのが特徴です。



ヨーロピアンタイプ

ヨーロピアンタイプは、権利が行使できる最終日(満期日)のみ権利が行使できるタイプです。満期日までの間に利益が拡大しても満期日にしか権利が行使できないので、使い勝手があまりよくないのが難点です。



この他にも、バミューダンタイプという1週間に1度や1ヶ月に1度といったように、満期日とは別に権利行使可能日を設定できるのが特徴のものもあります。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← ストライク・プライス(権利行使価格)とはへ戻る | トップ | ボラティリティとはへ進む →


※その他「デリバティブ」に関する記事は以下


デリバティブ


事前知識

金利とは

債券とは

現在価値・将来価値とは

デリバティブの基礎知識

デリバティブとは

デリバティブ取引をする目的

デリバティブ取引の利用方法

ヘッジとは

裁定取引(アービトラージ)とは

スペキュレーション(投機)とは

デリバティブの種類(先物・オプション・スワップ)

レバレッジ効果とは




先物取引の基礎

先物取引とは

現物とは

先物の市場についてーCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とはー

証拠金・差金決済とは

先物価格と現物価格の連動

通貨先物取引とは

株価指数先物取引とは

先物と先渡しの違い

日経平均・配当指数先物とは

東証マザーズ指数先物とは

オプション取引の基礎(1)

オプションとは

オプション取引の権利と義務

コール・オプションとは

プット・オプションとは

オプション取引の買いと売りとは(オプション取引の4パターン)

プレミアム(オプション料)とは

ストライク・プライス(権利行使価格)とは

行使期間(アメリカンタイプとヨーロピアンタイプ)

ボラティリティとは

イン・ザ・マネー(ITM)、アット・ザ・マネー(ATM)、アウト・オブ・ザ・マネー(OTM)とは

オプションの建玉の見方

オプション取引の基礎(2)

オプション取引のレバレッジ

キャップとは(オプション)

フロアとは(オプション)

カラーとは(オプション)

デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ローとは(オプションの指標)

通貨オプションとは

株価指数オプションとは

合成ポジション(ストラドル・ストラングル)とは

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)とは

プット・コール・レシオとは




スワップ取引の基礎

スワップとは

金利スワップとは

LIBORとは

通貨スワップとは



ナビゲーション