本文へスキップ

自由放任◎!ーアダム・スミスー だが市場は失敗することもある

自由放任◎!ーアダム・スミスー だが市場は失敗することもある



自由放任

アダム・スミスは、何でも放っておけばうまくいく、という考えの持ち主です。

ー市場に任せておけばいいー

市場は利己心によって競争することで、資源の最適配分は量られる。うまくいけば売れるし、ダメなモノは消える。それでいい。それらは政府などの上のものが口出しすることではない、と。
モノの値段は利己心で決まる。商売人が値段を下げるのは客のためではない。それでも利益が出るから下げるのだ。人は自分の利益のために商売をするのだから・・・。アダム・スミスは、そう考えたのです。



政府がやらなければならないこと

ー市場に任せておけばいいー自由放任のアダム・スミスですが、それでも政府がやらなければならないものがある、としています。それは、


・国防
・司法行政
・公共施設


この3つは、政府がやるべきことである、と指摘しました。




自由放任では市場は失敗することもある

ただし、アダム・スミスが言うように市場を自由放任にしてしまうと、これまで以下の点で市場は失敗してきました。


@独占
一つの企業が独占している市場では、対抗する企業がいないため、モノの値段が必要以上に上がってしまう。また、そういった状況下では、体力のない企業が新たに進出しても大企業に吸収されてしまう。こういった市場の失敗があったので、現在では公正取引委員会が独占禁止法をもとに監視しています。

A外部性
外部性とは、余計なものは外に出してしまうことです。
過去、コストをかけたくない企業が汚染物質を外に出してしまう、ということがありました。汚染物質は外に出した方がコストを抑えられるので。四日市ぜんそく等がその例です。自由放任ではそういった問題が起こってしまったのです。

B情報の非対称性
これは、企業が消費者にとって必要な情報を提示しないということです。例えば、中古車が事故車であったかの情報を提示しない、ということがあったので、現在では消費者庁がそれを監視しています。











株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 分業すれば国は豊かになるーアダム・スミスーへ戻る | トップ | カール・マルクスとはへ進む →


※その他「経済学」に関する記事は以下


経済学を学ぼう


経済の基礎知識

経済とはー経済学を学ぶー

需給(需要と供給)とはー需給ギャップについてー

合理的経済人と行動経済学について

景気とは

景気で変わる消費動向

経済成長率・潜在成長率とは

お金とは何か

金融とは

近代経済学の父 アダム・スミス

アダム・スミスとは

分業すれば国は豊かになるーアダム・スミスー

自由放任◎!ーアダム・スミスーだが市場は失敗することもある

社会主義の父 カール・マルクス

カール・マルクスとは

資本論とはーカール・マルクスー

社会主義とは(共産主義との違い)ーカール・マルクスー




20世紀経済学者代表ケインズ(1)

ジョン・メイナード・ケインズとは

乗数効果とはーケインズー

消費性向・貯蓄性向とはーケインズー

累進課税とは&収入と所得の違いーケインズー

20世紀経済学者代表ケインズ(2)

企業にお金を使わせるにはーケインズー

流動性の罠とはーケインズー

ニューディール政策(ケインズ理論を採用した例)

ケインズ理論の問題点

新社会主義 ミルトン・フリードマン

ミルトン・フリードマンとは

政府に委ねるべきでない施策14項目ーフリードマン−




インフレとデフレについて

インフレとは

インフレが加速すると?ハイパーインフレとは

デノミネーションとは

ジンバブエはどうやってインフレを解消した?

デフレとは

ディスインフレ(ディスインフレーション)とは

財政政策と金融政策

財政政策とは

為替介入とは

金融政策とは

日銀による金利の引き下げ・引き上げ

バブルについて

バブルとは

日本がバブルになったキッカケ

バブル期に日本企業が土地神話をもとに行った財テクとは?

バブル期の空前の株ブームとは

バブル期、しばらく金利を上げれなかったのはなぜ?

なぜ日本のバブルははじけたのか




通貨について

基軸通貨とは

震災の後、なぜ円高になったのか?

リーマン・ショックを振り返る(1)

米国の商業銀行・証券会社・投資銀行とは

サブプライムローンとは

パッケージ商品となったサブプライムローン

リーマン・ショックを振り返る(2)

リーマン・ショックはなぜ起こった?

リーマン・ショックの影響(その後)



ナビゲーション