本文へスキップ

資本論とはーカール・マルクスー

資本論とはーカール・マルクスー



資本論とは

資本論とは、カール・マルクスが著作したもので、マルクス・エンゲルス理論と言われることもあります。これは、カール・マルクスは、資本論の1巻を書き上げた後、2巻、3巻の途中で死去したため、カール・マルクスの親友であるエンゲルスが2巻、3巻を完成させたためです。カール・マルクスとエンゲルスは、資本主義に対して同じ考えを共有していました。仕事面でも親密な関係を築いていたので、エンゲルスの援助を受けながらカール・マルクスは資本論を研究していました。


カール・マルクスは、アダム・スミスの資本主義が生んだイギリス等の悲惨な労働者を見て、資本主義を否定し、社会主義を唱えました。「労働者が富を生み出す」という点ではアダム・スミスと同じ考えを持っていましたが、資本主義が生み出す多くの資本家は、自分の会社を潰さないようにライバル会社に勝とうとする。その結果、労働者をこき使うようになってしまうため、労働者の残業は増え疲弊する一方、資本家はどんどん大きくなる、としています。資本主義では、経済の中心が「商品」になってしまい、収入の格差も生まれる。これではいずれ所得の低い労働者の不満が高まり、資本主義は崩壊する、としています。

カール・マルクスのこの「資本論」は、多くの社会主義国を生むこととなりました。カール・マルクスを支持したレーニンによってソ連が誕生し、その影響を受けて中国も社会主義化。キューバやベトナムも社会主義国家となりました。が、その後、ソ連の崩壊とともに多くの国は社会主義から脱しました。

ただ、2008年のリーマンショック以後、資本主義でいいのか?との声が高まり、社会主義がまた見直され始めています。











株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← カール・マルクスとはへ戻る | トップ | 社会主義とは(共産主義との違い)ーカール・マルクスーへ進む →


※その他「経済学」に関する記事は以下


経済学を学ぼう


経済の基礎知識

経済とはー経済学を学ぶー

需給(需要と供給)とはー需給ギャップについてー

合理的経済人と行動経済学について

景気とは

景気で変わる消費動向

経済成長率・潜在成長率とは

お金とは何か

金融とは

近代経済学の父 アダム・スミス

アダム・スミスとは

分業すれば国は豊かになるーアダム・スミスー

自由放任◎!ーアダム・スミスーだが市場は失敗することもある

社会主義の父 カール・マルクス

カール・マルクスとは

資本論とはーカール・マルクスー

社会主義とは(共産主義との違い)ーカール・マルクスー




20世紀経済学者代表ケインズ(1)

ジョン・メイナード・ケインズとは

乗数効果とはーケインズー

消費性向・貯蓄性向とはーケインズー

累進課税とは&収入と所得の違いーケインズー

20世紀経済学者代表ケインズ(2)

企業にお金を使わせるにはーケインズー

流動性の罠とはーケインズー

ニューディール政策(ケインズ理論を採用した例)

ケインズ理論の問題点

新社会主義 ミルトン・フリードマン

ミルトン・フリードマンとは

政府に委ねるべきでない施策14項目ーフリードマン−




インフレとデフレについて

インフレとは

インフレが加速すると?ハイパーインフレとは

デノミネーションとは

ジンバブエはどうやってインフレを解消した?

デフレとは

ディスインフレ(ディスインフレーション)とは

財政政策と金融政策

財政政策とは

為替介入とは

金融政策とは

日銀による金利の引き下げ・引き上げ

バブルについて

バブルとは

日本がバブルになったキッカケ

バブル期に日本企業が土地神話をもとに行った財テクとは?

バブル期の空前の株ブームとは

バブル期、しばらく金利を上げれなかったのはなぜ?

なぜ日本のバブルははじけたのか




通貨について

基軸通貨とは

震災の後、なぜ円高になったのか?

リーマン・ショックを振り返る(1)

米国の商業銀行・証券会社・投資銀行とは

サブプライムローンとは

パッケージ商品となったサブプライムローン

リーマン・ショックを振り返る(2)

リーマン・ショックはなぜ起こった?

リーマン・ショックの影響(その後)



ナビゲーション