本文へスキップ

企業にお金を使わせるにはーケインズー

企業にお金を使わせるにはーケインズー



累進課税によって、高所得者から金をたくさんとって社会保障の形で低所得者や失業者に回せば、消費性向が上がって貯蓄性向が下がり、景気対策となるのですが、さらに、企業がお金を使って新事業の展開に積極的になれば、設備投資が増え、モノが売れるようになり、雇用が増え、消費が増えるので景気にとってはプラスになります。

では、どうすれば企業がお金を使うようになるのか・・・

ここでケインズは、合理的経済人に着目しました。
合理的経済人とは、お金が好きだから合理的にお金を大切に合理的に使う人ということです。みんなこの合理的経済人に当てはまることが多く、合理的にお金を使いながら、みんなお金は増やしたいものだ、みんなお金が好きだ、とケインズは考えました。これを


”流動性選好”と言います。


お金には流動性があります。流動性とは、すぐに他のモノにかえられる、すぐに好きなモノが買えるということで、例えば土地や建物であれば、すぐ他のモノにかえることは難しいです。土地や建物は、財産にはなりますが、すぐ売れるモノではありません。こういったものは”流動性がない”と言います。お金はすぐ他のモノにかえられるので「流動性選好がある」と言います。

さて、そんな流動性選好があるお金を、企業はどんな時に使いたくなるのでしょうか?

通常、お金は安全な形で保管しておき、使いたいときにすぐ取り出せるようにしておきたいものです。それは企業も同じで、通常お金は銀行に預けておきます。銀行に預けておけば利子もつくので、お金を増やしたい、という思いも達成できるのです。ですが、銀行にお金を預けておくよりも、もっと利益が生まれる事業があれば、企業はそちらにお金投資するだろうとケインズは考えました。さらに銀行の利子率を下げてしまえば、その動きはより大きくなるだろうと考えたのです。銀行に預けていてもほとんど利子がつかないのであれば、企業は新しい事業への投資を増やす、ということです。現在では、景気が悪くなれば中央銀行(日本銀行)が金利を下げて景気対策しますが、それはこういった理屈が土台となっています。
ただ、金利をゼロ近くまで下げても、企業は新しい事業への投資をしなくなることが起きました。それを”流動性の罠”と言います。その解説は次ページで。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 累進課税とは&収入と所得の違いーケインズーへ戻る | トップ | 流動性の罠とはーケインズーへ進む →


※その他「経済学」に関する記事は以下


経済学を学ぼう


経済の基礎知識

経済とはー経済学を学ぶー

需給(需要と供給)とはー需給ギャップについてー

合理的経済人と行動経済学について

景気とは

景気で変わる消費動向

経済成長率・潜在成長率とは

お金とは何か

金融とは

近代経済学の父 アダム・スミス

アダム・スミスとは

分業すれば国は豊かになるーアダム・スミスー

自由放任◎!ーアダム・スミスーだが市場は失敗することもある

社会主義の父 カール・マルクス

カール・マルクスとは

資本論とはーカール・マルクスー

社会主義とは(共産主義との違い)ーカール・マルクスー




20世紀経済学者代表ケインズ(1)

ジョン・メイナード・ケインズとは

乗数効果とはーケインズー

消費性向・貯蓄性向とはーケインズー

累進課税とは&収入と所得の違いーケインズー

20世紀経済学者代表ケインズ(2)

企業にお金を使わせるにはーケインズー

流動性の罠とはーケインズー

ニューディール政策(ケインズ理論を採用した例)

ケインズ理論の問題点

新社会主義 ミルトン・フリードマン

ミルトン・フリードマンとは

政府に委ねるべきでない施策14項目ーフリードマン−




インフレとデフレについて

インフレとは

インフレが加速すると?ハイパーインフレとは

デノミネーションとは

ジンバブエはどうやってインフレを解消した?

デフレとは

ディスインフレ(ディスインフレーション)とは

財政政策と金融政策

財政政策とは

為替介入とは

金融政策とは

日銀による金利の引き下げ・引き上げ

バブルについて

バブルとは

日本がバブルになったキッカケ

バブル期に日本企業が土地神話をもとに行った財テクとは?

バブル期の空前の株ブームとは

バブル期、しばらく金利を上げれなかったのはなぜ?

なぜ日本のバブルははじけたのか




通貨について

基軸通貨とは

震災の後、なぜ円高になったのか?

リーマン・ショックを振り返る(1)

米国の商業銀行・証券会社・投資銀行とは

サブプライムローンとは

パッケージ商品となったサブプライムローン

リーマン・ショックを振り返る(2)

リーマン・ショックはなぜ起こった?

リーマン・ショックの影響(その後)



ナビゲーション