本文へスキップ

為替の基礎知識

為替の基礎知識



外国為替とは・為替レートとは

異なる通貨を交換することを「外国為替」と言い、異なる通貨を交換する時の値段を「為替レート」と言います。

通貨ペアとは

異なる通貨を交換するには、2つの通貨が必要となります。それを「通貨ペア」と言います。外国為替市場では、例えば、ドルと円の通貨ペアであれば、「USD/JPY」と表示され、先に表示される通貨1単位に対して、次に表示される通貨はいくらかが示されます。

外国為替市場とは

為替レートを決定するための市場を「外国為替市場」と言います。外国為替市場は、1日24時間、常にどこかで市場は動いています。「どこか」とは、実は為替には株式市場でいう証券取引所のような市場を運営する機関はありません。為替でいう「市場」とは、その市場の参加者全体のことを指します(ただ、為替市場の売買の中心となるのは銀行や金融機関ですが)。

東京外国為替市場であれば、日本銀行や民間銀行、証券会社、為替ブローカーが参加するインターバンク(銀行間)市場が中心となっていますので、そのインターバンク市場を基準に為替レートが決まっていきます(最終的に通貨の決済を行うのは各国の中央銀行なので、中央銀行が休みの土日祝などは原則取引は行われません)。


※リアルタイムの為替の動きは、当サイトのリアルタイム世界の株価のページの”為替”の欄で確認できます。











株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← はじめにー為替へ戻る | トップ | 円高・円安とはへ進む →


※その他「為替」に関する記事は以下


ナビゲーション