本文へスキップ

円高・円安とは

円高・円安とは



円高とは

円高とは、ほかの通貨に対して日本円の価値が高まっている状態を指します。

円安とは

円安とは、ほかの通貨に対して日本円の価値が低下している状態を指します。



円高と円安の解説

例えば、1米ドル100円から1米ドル80円になったとしたらこれは「円高」となります。100円から80円に下がっているので円が安くなっている?ように見えますが、これは逆です。1米ドル100円の時は100円のリンゴを1つ買うのに1米ドル払えば買えたのに、1米ドル80円の時は100円のリンゴを1つ買うのに1.25米ドル必要になるからです。この場合、日本円の価値が高まって米ドルの価値が低下しているので「円高ドル安」となります。

逆に、1米ドル100円から1米ドル120円になったとしたら、これは「円安」となります。1米ドル100円の時は、100円のリンゴを1つ買うのに1米ドル払えば買えたのに、1米ドル120円の時は、100円のリンゴを1つ買うのに0.83米ドル払えば買えるからです。この場合、日本円の価値が低下して米ドルの価値が高くなっているので「円安ドル高」となります。



円高/円安は何円から?基準はあるの?

「円高」や「円安」と言う場合、特定の為替レートを基準にして「円高」と言ったり、「円安」と言ったりする性質のものではありません。「1年前の為替レートと比べて円高なのか円安なのか」、「昨日の為替レートと比べて円高なのか円安なのか」といった見方で「円高」や「円安」といった言葉は使われます。
例えば、1年前の為替レートが1米ドル100円だったとして、今日の為替レートが1米ドル80円になっていれば「1年前から20円円高に進んだ」と言いますが、昨日の為替レートが1米ドル79円だったのであれば、「昨日から1円円安に進んだ」と言います。「円高」や「円安」と言う場合、特定の為替レート、例えば1米ドル100円が基準となっている、といったように基準があるものではありませんので注意してください。



※リアルタイムの為替の動きは、当サイトのリアルタイム世界の株価のページの”為替”の欄で確認できます。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 為替の基礎知識へ戻る | トップ | 円買い・円売りとはへ進む →


※その他「為替」に関する記事は以下


ナビゲーション