本文へスキップ

円キャリートレード

円キャリートレード



円キャリートレードとは

円キャリートレードとは、低金利政策を維持している日本の通貨「円」を利用した取引のことです。円キャリートレードは、低金利の円で資金を調達して米ドルなどに換え、日本より高金利の米国債などで資金を運用し、差し引きの金利を稼ぐ手法です。キャリートレードは、主に金融機関の運用手法ですが、為替の変動要因となりますので、ここでしっかりおさえておきましょう。



例えば、米ドル/円で円キャリートレードを行う場合、円安に進めば金利差収入と円安に進んだ分の為替差益で、ダブルで儲かることになります。逆に、円高に進めば金利差収入は得られますが、円高に進んだ分の為替差損が出ることになってしまいますので、金利差以上に為替差損が出れば損をすることになります。よって、為替が円高に進む局面では、円キャリートレードでは損をしてしまうため、円キャリートレードを行う人々は利益確定損切りをするために円買いを加速させます。これが円高局面では、さらに円高に進みやすい要因となっています。
逆に、円安局面で円キャリートレードを行えば、金利差収入と為替差益のダブルで儲かるため、円売りが加速しやすくなります。これが円安局面ではさらに円安に進みやすい要因です。



円キャリートレードと日経平均株価の関係

円キャリートレードは、日経平均株価を動かす要因ともなりえます。
円キャリートレードは、円で資金を調達し米ドルに換えて資金を運用しますが、その運用先が日経平均株価にされている場合は、円高or円安に進む局面では、日経平均株価も大きく動かす要因となります。日経平均株価で運用されていると、円高に進む局面では、円キャリートレードを解消するために円を買い、日経平均株価も売られる、ということになります。円キャリートレードの解消がされると、円高株安に弾みがつきやすくなるのです。逆に、円安に進む局面では、円安株高に弾みがつきやすくなります。

このようなことから、低金利の日本は、円キャリートレードも伴って、価格変動が大きくなりやすい市場となっています。日本の市場は、時に新興国の市場より価格変動が大きくなることがあります。それはこういった理由からなのです。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 金利差へ戻る | トップ | 金融政策へ進む →


※その他「為替」に関する記事は以下


ナビゲーション