本文へスキップ

日経通貨インデックスとは

日経通貨インデックスとは



日経通貨インデックスとは

日経通貨インデックスとは、日本経済新聞社が開発し算出・公表している各国の通貨の他の通貨に対する価値を総合的に示した指数のことです。主要25通貨に各国の輸出入額の構成比で加重平均し、基準年を100として指数化しています(基準年は定期的に見直される)。日経通貨インデックスは、日本銀行が算出・公表している実効為替レートに近い指標として用いられます。

日経通貨インデックスは、日本経済新聞朝刊のマーケット総合面の「外為市場」の「日経インデックス」の欄で確認することができます。



日経通貨インデックスの見方

日経通貨インデックスは、基準年の年平均に比べてその通貨が強くなったか弱くなったを示します。例えば、日本経済新聞朝刊のマーケット総合面の「外為市場」の「日経インデックス」の欄を見て、

  • 日本円が110ポイントとなっていれば、基準年に対して日本円が10ポイント強くなったことを示し、
  • 日本円が90ポイントとなっていれば、基準年に対して日本円が10ポイント弱くなったことを示します。










株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 実効為替レートとはへ戻る | トップ | 有事の円買い(リスクオフでなぜ円高になる?)へ進む →


※その他「為替」に関する記事は以下


ナビゲーション