本文へスキップ

CLS銀行とは

CLS銀行とは



CLS銀行とは

CLS銀行(Continuous Linked Settlement bank)とは、時差による外国為替取引の決済リスク(ヘルシュタット・リスク)を削減するために設立された銀行のことです。



ヘルシュタット・リスクとは

外国為替取引では、売買する者同士で2つの通貨を交換しますが、通貨の受渡しは当該通貨の発行国で行うため、受渡しに時差が生じ津場合があります。売却通貨を相手銀行に支払った後、相手銀行が支払い不能に陥って、対価である外貨資金を受け取れなくなるなど、時差によるリスクがあるのです。これを「ヘルシュタット・リスク(時差リスク)」と言います。



CLSとは

CLS(Continuous Linked Settlement)とは、「国際連続同時為替決済」のことで、ヘルシュタット・リスクを削減するために外国為替取引の2通貨の同時決済を連続して行う仕組みのことです。

CLS銀行は、2002年9月に米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドルんど主要17通貨の決済を取り扱っており、取り扱い通貨を発行する各中央銀行に口座を保有しています。各中央銀行の営業時間が重なる時間帯に、2通貨の同時決済を連続して行っています。












株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 通過交換協定(通貨スワップ協定)とはへ戻る | トップ | ポンドとは(英国の自国通貨の見方と特徴)へ進む →


※その他「為替」に関する記事は以下


ナビゲーション