本文へスキップ

景気と金利と株価の関係

景気と金利と株価の関係



景気が回復基調にある場合は、国債金利は上がってくるものです。国債の金利が上がってくるということは、国債が売られているということです。

景気が回復している局面ということは、経済が成長しているということなので、投資家はリスクを取りに行きたくなります。リスクをとりに行く状態を「リスクオン」というのですが、投資家はリスクオンの状態の時、より儲けるために安全性重視の国債を売って、価格変動の大きな株式などリスク資産に資金を傾けていきます。よって、景気回復局面では、国債は売られやすくなり金利は上昇します。逆に、景気後退局面では、株式などリスク資産を持っていては危ないので、株式を売って安全性重視の国債を買いにいきます。よって、景気後退局面では国債は買われやすくなり金利は低下します。

ただし、これとは逆のことが言えることもあります。

住宅ローンや自動車ローンは、長期金利に連動するので、長期金利が低下すれば住宅ローンや自動車ローンも低下します。ローンの金利が低下すれば、住宅や自動車は買われやすくなり、それに伴い株式が買われやすくなります。逆に、長期金利が上昇すれば、住宅ローンや自動車ローンも上昇します。ローンの金利が上昇すれば、住宅や自動車は売られやすくなり、それに伴い株式が売られやすくなるのです。また、長期金利が上昇する局面というのは、株式市場では高配当銘柄が売られやすくなることもあります。高配当銘柄は利回りのいい配当が目的で買われることが多いです。その利回りより長期金利の利回りが良いとなれば、投資家は安全性の高い国債の方へ資金を向けやすくなり、高配当銘柄から国債へ資金がシフトしやすくなります。



※リアルタイムの国債の動きは、当サイトのリアルタイム世界の株価のページの「国債・金利」の欄で確認できます。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 国債の基礎知識へ戻る | トップ | 為替と金利の関係へ進む →


※その他「債券」に関する記事は以下


債券


基礎知識

はじめに

国債の基礎知識

景気と金利と株価の関係

為替と金利の関係

不動産と金利の関係

金融緩和と金利の関係

カネ余りと金利の関係

債務不履行(デフォルト)とは

国債の相場


表面利率とは(利回りとの違い)

債券・金利をもっと(1)

長期金利とは

長期金利の上昇要因

長期金利の下落要因

短期金利とは

中立金利とは

レポ取引・レポ金利・レポ市場とは

債券・金利をもっと(2)

国債入札とは

国債入札のマイナス利回りによる影響

プライマリー・ディーラー(国債市場特別参加者)とは

日本10年国債とは

米国10年国債とは

米国2年国債とは

割引債とは(ゼロクーポン債・ディスカウント債)

利付債とは

固定利付国債(確定利率国債)とは

物価連動国債(インフレ連動国債)とは




債券・金利をもっと(3)

赤字国債とは・建設国債とは

政府(財務省)が国債の発行を増やしたら?

イールドカーブ(利回り曲線)とは

順イールドとは

逆イールドとは

イールドスプレッドとは

イールドレシオとは

ジャンク債とは(債務不履行率上昇に警戒)

偶発転換社債(CoCo債)とは

EB債(他社転換社債)とは

永久債とは

財投債とは

借換債とは

金利リスク(金利変動リスク)とは

長期プライムレートとは

社債の金利の決め方(金利上乗せによる影響)

債券・金利をもっと(4)

公社債種類別店頭売買高とは(解説と見方)

債券市場サーベイとは

グリーンボンドとは

債券・金利をもっと(5)

VaRショックとは

クラウディングアウトとは



ナビゲーション