本文へスキップ

コモディティ はじめに

コモディティ はじめに



コモディティとは

コモディティとは、商品先物取引所で取引されている商品のことです。原油アルミ大豆トウモロコシなどがそれにあたります。



コモディティの取引ってどんなもの?

商品先物取引所で取引を行うメインプレイヤーは、商品を扱う企業(主に総合商社)です。商品を扱う企業は、将来、商品の価格変動によって損失が出るリスクを避けるためにヘッジ目的の取引しています。ヘッジとは、現物で買っておいて先物で売りポジションを建てておくというものです。
例えば、1g1200円のを買う場合、まず現物の金を1g1200円で買うことになります。1g1200円で現物の金を買ったはいいものの、その後、金価格が値下がりし、1g1000円になってしまったら200円の含み損を抱えることになります。ですので、そのリスクを避けるために、1g1200円で現物の金を買うのと同時に1g1200円で先物の金の売りポジションを建てておくのです。先物で売りポジションを建てておく、ということは、値下がりすれば儲かるという取引になりますので、もし金価格が1g1200から1g1000円に値下がりすれば、200円儲かるということになります。よって、金価格が1g1200から1g1000円に値下がりすれば、現物で200円の損失、先物で200円の利益が出ることになり、±0となります。先物でヘッジしておくとは、そういった取引のことを言います。



コモディティを取引するメインプレイヤー

さて、商品先物取引を利用して商品の価格変動のリスクを回避できているのは総合商社がメインプレイヤーですが、逆に言えば商品先物取引をしているのは、総合商社だけという見方もあります。日本では商品先物取引所のプレイヤーが少ないです。商品を扱っている一般企業でも、商品の価格変動に対して意外と無防備であることが多いです。
また、個人投資家の参加者も少ないです。というのも商品先物についての本は多く出ているのですが、株式や為替の本に比べてその数は圧倒的に少なく、投資家は商品先物について理解していないことの方が多いのです。ゆえに、何を買えばいいのかわからない、上がるのか下がるのかもわからない、など分析するノウハウがないのが取引量の少ない要因となっています。昨今では、商品系のファンドも出てきて商品の市場価格を大きく動かすようになってきていますので、尚更とっつきにくい市場となっています。

ただ、商品の相場はその商品(原油や金、アルミ、大豆やトウモロコシなど)を扱っている企業の業績に影響が出てくるものですし、為替にも影響してきます(特にユーロ/ドル)。また、金価格を見ていれば、相場がリスクオンの状態にあるのか、リスクオフの状態にあるのか把握しやすくなりますので、商品価格の動向は株式、為替などに投資する際にも見ておかなければいけないものです。よって、当サイトでは、個別の商品の特徴について解説していきたいと思います。



※リアルタイムの主要コモディティの動きは、当サイトのリアルタイム世界の株価のページの”商品(コモディティ)市場 商品先物”の欄で確認できます。











株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 商品(コモディティ)トップページへ戻る | トップ | コモディティ相場の分析へ進む →


※その他「商品(コモディティ)」に関する記事は以下


ナビゲーション