本文へスキップ

ゴム

ゴム



ゴム(天然ゴム)は、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、インド、中国などで生産されています。中でも、タイとインドネシアの生産量が圧倒的に多いです。天然ゴムは、自動車のタイヤとして使われることが多く、天然ゴムのおよそ80%程度が、自動車のタイヤ用となっています。


ゴムの主な消費国

   ・米国
   ・日本
   ・中国
   ・インド
   ・マレーシア
   ・タイ
   ・韓国

最近では、自動車の普及が盛んな中国やインドでの需要が多いです。需要の大半を占める米国、日本、中国、インドの自動車の売れ行きによって、ゴム価格は変動しやすい性質があります。ゴム価格の変動によっては、ゴム生産国の経済が左右されますので、その動向には注意が必要です。


天然ゴムは、11月〜1月に生産され、2月〜4月が減産期となります。よって、ゴム価格は11月〜1月に下がりやすくなります。
ただし、ゴム価格は、ゴム関連業者や仕手筋によって価格が上下されやすいので、専門性が高く一般的にその動向を計るのは難しい市場です。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 原油へ戻る | トップ | アルミへ進む →


※その他「商品(コモディティ)」に関する記事は以下


ナビゲーション