本文へスキップ

WTIとは(原油先物)

WTIとは(原油先物)



WTIとは(原油先物)

WTI(West Texas Intermediate:ウェスト・テキサス・インターミディエイト)とは、米国のテキサス州産とニューメキシコ州産の軽油のことです。
原油には、原油の現物を売買する現物市場と、先物を売買する先物市場があります。WTIの原油先物は、米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループ傘下のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で取引されています。WTIは、生産量は少ないですが、ファンドの参加者が多く取引量も多いため、その先物価格は原油価格の世界的な指標となっています。また、世界最大のエネルギー消費国である米国で使われている原油ですので、米国の景気を示す指標としても注目度が高いです。



原油先物の主な参加者と見方

原油は、現物であれば石油会社やトレーダーが主に売買していますが、先物はファンドなど幅広い参加者が先物市場で売買しています。原油の先物はヘッジや資産運用先の一つとしても利用されていますし、原油の先物市場は、取引の規模や透明性から注目度が高いです。

ニューヨーク市場での主な参加者の割合は以下の通りです。


石油会社

2割程度

金融機関

2割程度

ファンド

5割程度

個人投資家

1割未満


原油先物の値動きの特徴

原油はコモディティーとしては主力ですが、他の金融商品に比べるとその市場規模は小さいです。ニューヨーク原油先物の時価総額は0.1兆ドルもありませんので、比較的流動性は低く、値動きが荒くなるのが特徴です。また、上記の通り参加者の5割程度はファンドですので、ファンドの売買動向によって価格変動しやすい面があります。



※原油価格のこれまでの推移は、当サイトの姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認できます。












株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← トウモロコシへ戻る | トップ | 原油価格の見方と違い(WTI原油・ドバイ原油・ブレント原油)へ進む →


※その他「商品(コモディティ)」に関する記事は以下


ナビゲーション