本文へスキップ

原油価格の見方と違い(WTI原油・ドバイ原油・ブレント原油)

原油価格の見方と違い(WTI原油・ドバイ原油・ブレント原油)



原油価格を見る際、主に見られるのは以下の3種類です。


WTI原油
・ドバイ原油
・ブレント原油



産地の違い

原油は、産地ごとに3つの市場に分かれています。アメリカの市場の米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループ傘下のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で取引されている「WTI原油」、日本の市場の東京商品取引所で取引されている「ドバイ原油」、ロンドンの市場のICE Futures Europeで取引されている「ブレント原油」です。



原油価格の違い

上記の3市場での原油の取引価格は異なります。基本的にWTIの原油価格が一番高いです。その理由は、WTI原油は不純物が少なく商品価値が高いガソリンや軽油を多くつくれる特徴があり、重油や灯油が多く採れるドバイ原油やブレント原油よりも高く売れるためです。また、WTI原油は生産量は少ないですがファンドの参加者が多く取引量も多いため、その先物価格は原油価格の世界的な指標となっています。ゆえに、原油価格の動向を見る際はWTI原油価格の動向をまず見るのが一般的です。また、WTI原油は世界最大のエネルギー消費国である米国で使われている原油ですので、米国の景気を示す指標としても注目度が高いです。














株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← WTIとは(原油先物)へ戻る | トップ | OPECとはへ進む →


※その他「商品(コモディティ)」に関する記事は以下


ナビゲーション