本文へスキップ

物価連動国債(インフレ連動国債)とは

物価連動国債(インフレ連動国債)とは



物価連動国債(インフレ連動国債)とは

物価連動国債(インフレ連動国債)とは、物価の動向に連動して元本が増減する機関投資家向けの国債のことです。



物価連動国債の仕組み

物価の上昇の合わせて元本が増える仕組みとなっており、機関投資家向けのみ発行されています(個人投資家は直接購入できませんが、物価連動国債への投資を対象とする投資信託で間接的に購入することはできます)。
表面利率は発行時に固定されていますが、物価連動国債は物価動向によって元本が増減しますので、

  • 発行後に物価が上昇すれば元本が増え、受け取れる利子は増加し、
  • 発行後に物価が下落すれば元本が減り、受け取れる利子は減少します。

なお、物価連動国債はデフレ時に元本割れするものと、元本保証(フロア)が設定されているものがあります。

一方、発行時の元本が償還時まで変動せず、利率や利払いが同一の国債を「固定利付国債」といいます。



連動する物価指数

消費者物価指数(CPI)生鮮食品を除く総合指数。



物価連動国債の見方

物価上昇への期待(期待インフレ率)が上昇すると物価連動国債への需要が強くなり、物価上昇への期待(期待インフレ率)が低下すると物価連動国債への需要が見込みにくくなるため、発行額は減額されやすくなります。











株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 固定利付国債(確定利率国債)とはへ戻る | トップ | 赤字国債とは・建設国債とはへ進む →


※その他「債券」に関する記事は以下


債券


基礎知識

はじめに

国債の基礎知識

景気と金利と株価の関係

為替と金利の関係

不動産と金利の関係

金融緩和と金利の関係

カネ余りと金利の関係

債務不履行(デフォルト)とは

国債の相場


表面利率とは(利回りとの違い)

債券・金利をもっと(1)

長期金利とは

長期金利の上昇要因

長期金利の下落要因

短期金利とは

中立金利とは

レポ取引・レポ金利・レポ市場とは

債券・金利をもっと(2)

国債入札とは

国債入札のマイナス利回りによる影響

プライマリー・ディーラー(国債市場特別参加者)とは

日本10年国債とは

米国10年国債とは

米国2年国債とは

割引債とは(ゼロクーポン債・ディスカウント債)

利付債とは

固定利付国債(確定利率国債)とは

物価連動国債(インフレ連動国債)とは




債券・金利をもっと(3)

赤字国債とは・建設国債とは

政府(財務省)が国債の発行を増やしたら?

イールドカーブ(利回り曲線)とは

順イールドとは

逆イールドとは

イールドスプレッドとは

イールドレシオとは

ジャンク債とは(債務不履行率上昇に警戒)

偶発転換社債(CoCo債)とは

EB債(他社転換社債)とは

永久債とは

財投債とは

借換債とは

金利リスク(金利変動リスク)とは

長期プライムレートとは

社債の金利の決め方(金利上乗せによる影響)

債券・金利をもっと(4)

公社債種類別店頭売買高とは(解説と見方)

債券市場サーベイとは

グリーンボンドとは

債券・金利をもっと(5)

VaRショックとは

クラウディングアウトとは



ナビゲーション