本文へスキップ

東証マザーズ指数先物とは

東証マザーズ指数先物とは



東証マザーズ指数先物とは

東証マザーズ指数先物とは、2016年7月19日取引開始の東証マザーズ指数マザーズに上場する内国普通株式全銘柄を対象とした株価指数)を対象とした先物のことです。日本の新興市場を対象とした先物としては初の上場先物商品です。


東証マザーズ指数先物の影響

マザ―ズは、将来の成長を見込んで投資する市場であるため値動きが大きくなりやすい一方、空売りができる貸借銘柄は全体の15%程度で、株価が割高だと思っても空売りが出来る銘柄が少ない状況でした。それが東証マザーズ指数先物の登場によって、先物を売って現物株の急落に備えることができるようになりました。マザーズ市場の売買代金シェアの約7割は個人投資家ですので、個人投資家の投資に対する選択肢が増えたとともに、日経などに比べて少ない資金で裁定取引ができることも意味します。
一方で、これまでボリュームが小さいため材料一つで大きく動いて、ボラティリティが魅力であった市場が、先物で売りが可能となったことで、それが抑えられる要因になるとの懸念もあります。



東証マザーズ指数先物取引の概要

取引時間 8:45〜15:15  16:30〜翌5:30
限月取引 3・6・9・12月を対処うとする5限月取引
取引最終日 各限月の第2金曜(SQ)の前営業日
最終決済 SQによる差金決済
取引単位 東証マザーズ指数×1,000円
呼値 0.5ポイント刻み(1ティック=500円)


東証マザーズ指数の証拠金

先物は「証拠金」と呼ばれる担保を払って取引を行います。東証マザーズ指数先物取引の証拠金は大阪取引所で取引されるその他の株価指数先物同様SPANを用いて算出されます(日経平均先物取引やTOPIX先物取引などとの証拠金相殺効果も働きます)。証拠金額は基準日2016年7月1日時点で106,500円。



市場変更の影響

マザーズ上場銘柄で一定の成長を達成した銘柄は東証第一部等へ市場変更が行われます。時価総額が大きい銘柄が市場変更する場合には、指数値の連続性への影響が懸念されますが、東証マザーズ指数は時価総額加重平均型であり、マザーズから除外前後で連続性が担保されるように基準時価総額が調整されます。ただし、、指数値の連続性については担保されますが、構成銘柄は変更されていますので時価総額の影響が大きい銘柄がマザーズから除外された場合は、除外前後の指数の動きに注意する必要があります。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 日経平均・配当指数先物とはへ戻る | トップ | オプションとはへ進む →


※その他「デリバティブ」に関する記事は以下


デリバティブ


事前知識

金利とは

債券とは

現在価値・将来価値とは

デリバティブの基礎知識

デリバティブとは

デリバティブ取引をする目的

デリバティブ取引の利用方法

ヘッジとは

裁定取引(アービトラージ)とは

スペキュレーション(投機)とは

デリバティブの種類(先物・オプション・スワップ)

レバレッジ効果とは




先物取引の基礎

先物取引とは

現物とは

先物の市場についてーCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とはー

証拠金・差金決済とは

先物価格と現物価格の連動

通貨先物取引とは

株価指数先物取引とは

先物と先渡しの違い

日経平均・配当指数先物とは

東証マザーズ指数先物とは

オプション取引の基礎(1)

オプションとは

オプション取引の権利と義務

コール・オプションとは

プット・オプションとは

オプション取引の買いと売りとは(オプション取引の4パターン)

プレミアム(オプション料)とは

ストライク・プライス(権利行使価格)とは

行使期間(アメリカンタイプとヨーロピアンタイプ)

ボラティリティとは

イン・ザ・マネー(ITM)、アット・ザ・マネー(ATM)、アウト・オブ・ザ・マネー(OTM)とは

オプションの建玉の見方

オプション取引の基礎(2)

オプション取引のレバレッジ

キャップとは(オプション)

フロアとは(オプション)

カラーとは(オプション)

デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ローとは(オプションの指標)

通貨オプションとは

株価指数オプションとは

合成ポジション(ストラドル・ストラングル)とは

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)とは

プット・コール・レシオとは




スワップ取引の基礎

スワップとは

金利スワップとは

LIBORとは

通貨スワップとは



ナビゲーション