本文へスキップ

株初心者のための株式投資と相場分析方法は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

月と株価の関係(満月と新月のアノマリー)

月と株価の関係

月の満ち欠けによるアノマリー

株式市場には、月の満ち欠けによるアノマリー(根拠はないが比較的当たりやすいとされる経験則のこと)があります。「満月の日は相場が荒れやすい、または相場の転換点となりやすい」というものです。



「相場が荒れやすい」とは

「相場が荒れやすい」とは、相場が下落方向に引っ張られやすいということです。


満月・新月は株価にどんな関係がある?

月は15日ごとに満月と新月を繰り返します(1カ月サイクル)。満月や新月の日は地球の引力が微妙に変化しや すく、その影響で投資家心理が変化しやすいとされているため、株式市場では月の満ち欠けによるアノマリーが意識されます。基本的にこのアノマリーは満月の 場合を指すアノマリーですが、傾向としては新月の場合も同じアノマリーが意識されます。要するに、「満月や新月の日は相場が荒れやすい、または相場の転換 点となりやすい」というものです。新月で底を打ち、満月で高くなりやすい、と言われています。アノマリーですので根拠がないものですが、引力による投資家心理の変化は見逃せない要素ですので、当サイト運営者は月の 満ち欠けは意識しながら相場を見ています。個人的な感想ですが、荒れやすいという傾向よりも、相場の転換点になりやすい?としてウォッチしていると、時々 そういった傾向が出る場合もありますので、意識して見てみるとおもしろいアノマリーではあります。




ジブリの法則とは|市場のアノマリーを検証へ進む

干支の相場格言へ戻る